OKを出す

1/6ページ

クラブ活動みたいなもん

僕は普段から   楽しく音楽をやろう。 幸せに音楽をやろう。 しんどいことはしなくても大丈夫。 知識を覚えなくても良いんだよー。   というようなことをお伝えしています。     でも、人によってはこの考えにどうしても馴染めない人もいるんです。  

ギターやっている人が本当に求めていること

あなたがギター弾く目的はなんですか? あなたが音楽をやる目的はなんですか?   もちろん、この質問に対する答えは人それぞれでしょう。 「〇〇を見返したい」 「単純にうまくなりたい」 「バンドで足引っ張っているからなんとかしたい」 「自信を持ちたい」 といった感じで、様々です。   一昔前なら「ギター弾けたらモテる」なんて言っている人もいたくらい笑(最近はあまり聞きませんね) & […]

どんな苦労で、どんな頑張りだったのか?

苦労する。 頑張る。   一昔前の人はこういうことを美徳として生きた時代がありました。 誰もがそれを疑わない時代。   もちろん、そういう時代にあった「良いもの」はたくさんありますよね。 でも、努力の形に関しては僕は先の形は推奨しません。  

本当の敵

「自分はギターが下手だから・・・」 「自分は初心者だから・・・」 「自分はそんな段階ではない」   こういうようなことを人は言いがちですよね。   ところが、こういうありがちなことの真相に気づいている人は少ない気がします。  

過去が馬鹿らしくなるとギターは楽しく、うまくなる

昨日、PM9:00が回った頃、僕は自宅のソファに座って、コーヒーをテーブルの上に置き、iphoneをいじっていました。 Nさんという生徒さんと電話するためです。 電話がかかって軽快に話し始めたNさん。 このときはまさかあんな話が始まるとは僕は思いもよりませんでした・・・。  

1 6