左手の調子が悪いときの対処法 

ギター弾いていると調子の良い悪いを感じることがありますよね。
そういうときは、身体の調子をチェックすると良かったりします。

今回は左が調子悪いと感じる時の対処法をお伝えしようかと思います。

 

これは実は簡単に改善することができるんです。

 

一つは

脇が開いているとフィンガリングに無駄に力が必要になったり、身体のどこかが力んだりすることがあります。

結果的に運指のスピードが鈍ったり、なんか疲れてきたりしがちです。

 

 

一つは親指

親指の力が抜けていると、フィンガリングはスムーズになります。

でも、親指に力みがはいっていると疲れてきます。

 

例えば、これを見てみてください。

親指の脱力がどうなっているかわかると思います。

 

親指に注目すると運指のたびに動いていることがわかると思います。

 

僕の趣味ではないけど、あえてテクニカルなギタリストを引き合いに出しましたが、このスムーズさと速さで指が動くのは親指の脱力があるからなのです。

 

どんなプレイをしててもこの2つは共通項なんじゃないかと思います。

もちろん、今の自分のプレイをもっとスムーズにするための要素でもあるから、参考にしてみてくださいね。

 

 

メルマガ&無料コンテンツ

CTA-IMAGE 情報発信のメインはメルマガになっていますので良かったらどうぞ。 メルマガはもちろん無料で、めんどくさくなったら簡単に解除できますのでブログに興味を持っていただけたのであれば読んでいただけると嬉しいです。

無料コンテンツ

今だけ無料でコンテンツを配布しています。
ギターのヒント満載です。

無料コンテンツの詳細はコチラをクリック