存在を表現する、というと小難しい話に聞こえるけど実は・・・

先日紹介した魔法の質問。

 

魔法の質問

あれから色々、メールをいただきましたが、またまた面白いのがあったのでシェアします。

 

 

ただ、今回は引用許可をいただいてないので、ざっくり紹介しますね。

 

内容は

自分の存在を表現するため

というもの。

 

 

うん、難しい表現ですよね。

「存在の表現」

だもんね。

 

 

でも、よーく考えてみるとこれって実はすごく良い答えだと思うんです。

 

メールを見る限り、御本人はちょっとよくわからなくなってる、という感じを受けましたが、これ、すごく楽になると思いますよ。

 

そもそも、「存在」って何よ?

って話がわかったら、解決だから。

 

で、その「存在」ってのがわからないんじゃー

ってなってるかもしれませんが、これは僕は簡単だと思います。

 

 

存在というのはその人の全部。

その人がそこにいるってことだから。

 

だから、何を表現しても存在を表現したことになるんじゃないかと思うんです。

 

怒れる自分
優しい自分
嫉妬する自分
余裕な自分
かっこつけたい自分
イラつく自分
喜ぶ自分
悲しむ自分

 

色んな「自分」がいますよね。

それ、全部出していいってことなんです。

日常では、出すとまずいことでも音楽なら出せますよね。

 

 

だから、この方の場合は、

好きな様に弾くこと。

そして、弾いたものを喜ぶこと。

こうなれば無理なく音楽できると思います。

 

ご参考までに。

 

 

追記

一つ先の話だからあれなんですが、

音楽で自分を出していくと実は自分を日常で出しても良かったんだ、ということがわかったりするんですよね。

音楽をやっている人に贈られるプレゼントだと思いますね、こういう気付きは。

 

追記2

あれからまだ魔法の質問の答えいただけるのは嬉しいですね。

ありがとうございます。

練習方法云々とは違う話だけど、あの質問は自分にフィットしたやり方を見つける事が出来るツールだからしっかり追いかけてみてくださいね。

メルマガ&無料コンテンツ

CTA-IMAGE 情報発信のメインはメルマガになっていますので良かったらどうぞ。 メルマガはもちろん無料で、めんどくさくなったら簡単に解除できますのでブログに興味を持っていただけたのであれば読んでいただけると嬉しいです。

無料コンテンツ

今だけ無料でコンテンツを配布しています。
ギターのヒント満載です。

無料コンテンツの詳細はコチラをクリック