うまくならないからうまくなる

前回、Sさんの例を紹介して魔法の質問について書きました。

 

ギター弾く理由 | 「逃げたくない」

 

なぜ、あの深さで答えが出ると楽になるか?

それを今日はお伝えしようと思います。

 

その前におさらい。

 

Sさんは「逃げたくない」からギターをやった。

今まで勉強も趣味も仕事も、何も続かなかったんですよ。

彼女はそれが嫌だった。

だから、自分を変えるためにギターをやった。

 

こういう背景が彼女の文章から読み取れます。

※詳しい内容はこちらを見てください。

ギター弾く理由 | 「逃げたくない」

結果、「逃げたくない」という表現になっているわけですね。

 

でね。

これって違う言葉で言い換えたら

逃げない自分を味わいたくてギターやっている

とも言えるんですよね~。

 

 

つまり、彼女に必要なのは

うまくならない事

なんです。

 

わかりますか?

うまくならない事ですよ。

 

何故か?

 

うまくなろうとすると・・・・

どこかのタイミングで「うまくなってない」という判断をしてしまったら続かないから。

続かない=逃げた

続く=逃げない

ってことだから。

 

 

そのためには「続けることの邪魔になること」はすべてやめたら良いんですよね。

簡単。

 

 

でも、うまくならないのは意味がないのでは?

と思ってしまうのが人ですよね。

 

そのとおりですよね。

 

じゃあ、うまくなる条件を考えてみましょう。

 

うまいやつの条件ってなんですか?

  • 手が器用に動く
  • 発想するフレーズにセンスがある
  • リズム感がある

等々。

いろいろありますよね。

 

でも、それどうやって身につけるの?

  • 練習方法の工夫
  • 練習時間の確保
  • いい先生を見つける。

 

こんな感じですよね。

 

 

では、ここで一つ質問しましょう。

「ギター弾くのやめたらどうなるの?」

 

そう、最大の答えは「続けること」なんですよ。

 

練習方法が遠回りであろうが
時間が確保できなかろうが
いい先生と出会えなかろうが

やめたら終わりです。

 

そして、彼女の場合に置き換えると

辞める=続かない=今までの自分のまま

ということです。

 

 

つまり、彼女にとっては続けるための手段はすべて機能する、ということです。

 

 

じゃあ、続ける事を目的にやるとしたらどうなるか?

 

うまくなるのを辞める

という手が一番なのですよ。

 

うまくなるのやめたら純粋に続きます。

うまくならなくていいから。

 

そして、うまくならなくて良いと思っている人は弾き続けられます。

当たり前の話ですよね。

 

 

そして、弾き続けたら?

誰だってうまくなるよねー(^^)

ってことです。

 

 

わかりますか?

うまくなるのやめたらうまくなる

という逆説的な事実も重要ですが、もっと重要なのは

彼女が自分の心の中を掘り下げたこと

ここにこの話の発端があるのです。

 

あなたはなぜ、ギターうまくなりたいんでしょうか?

あなたはなぜ、ギター弾くんでしょうか?

 

なぜ、なぜ、なぜ。

「なぜ?」

を問うてくださいね。

メルマガ&無料コンテンツ

CTA-IMAGE 情報発信のメインはメルマガになっていますので良かったらどうぞ。 メルマガはもちろん無料で、めんどくさくなったら簡単に解除できますのでブログに興味を持っていただけたのであれば読んでいただけると嬉しいです。

無料コンテンツ

今だけ無料でコンテンツを配布しています。
ギターのヒント満載です。

無料コンテンツの詳細はコチラをクリック